産経フォト

相馬の武者行列、千葉歩く 「所領」サミットに合わせ

イベント・祭典

相馬の武者行列、千葉歩く 「所領」サミットに合わせ

更新 sty1805260010
 口上を述べる相馬野馬追の騎馬武者(先頭)=26日午後、千葉市  口上を述べる相馬野馬追の騎馬武者(先頭)=26日午後、千葉市
 記念撮影するサミット参加自治体の首長ら。(左から)千葉県多古町の所一重町長、同県酒々井町の小坂泰久町長、同県東庄町の岩田利雄町長、岩手県一関市の勝部修市長、千葉市の熊谷俊人市長、佐賀県小城市の江里口秀次市長、岐阜県郡上市の日置敏明市長、福島県南相馬市の林秀之副市長、宮城県涌谷町の大橋信夫町長=26日午後、千葉市中央区の千葉神社
画像を拡大する
 記念撮影するサミット参加自治体の首長ら。(左から)千葉県多古町の所一重町長、同県酒々井町の小坂泰久町長、同県東庄町の岩田利雄町長、岩手県一関市の勝部修市長、千葉市の熊谷俊人市長、佐賀県小城市の江里口秀次市長、岐阜県郡上市の日置敏明市長、福島県南相馬市の林秀之副市長、宮城県涌谷町の大橋信夫町長=26日午後、千葉市中央区の千葉神社フルスクリーンで見る 閉じる

 かつて千葉を治め、鎌倉幕府成立に貢献した有力御家人千葉常胤(1118~1201)の生誕900年を記念し、千葉氏の所領があった福島県南相馬市の「相馬野馬追」の騎馬武者行列が26日、千葉市の中心部を練り歩いた。

 南相馬市を含め、所領があった千葉県内の6市町、岩手県一関市など東北地方の4市町、岐阜県郡上市、佐賀県小城市の計12自治体が参加する「第2回千葉氏サミット」に合わせて実施した。

 馬に乗って行進するサミット参加自治体の首長ら=26日午後、千葉市
画像を拡大する
 馬に乗って行進するサミット参加自治体の首長ら=26日午後、千葉市フルスクリーンで見る 閉じる

 商店が立ち並ぶ通りの約1キロを勇壮な行列が進み、集まった市民らから歓声が上がった。サミット参加の首長らの一部も狩衣に身を包んで登場。馬上から手を振るなどして応えた。

 千葉市によると、千葉氏は桓武天皇の子孫とされる。1126年、拠点を現在の千葉県庁付近に移したことが現在の千葉市の市街地の始まり。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング