産経フォト

「実感がわいてきた」 カンヌから是枝監督が帰国

エンタメ

「実感がわいてきた」 カンヌから是枝監督が帰国

更新 sty1805230030
第71回カンヌ国際映画賞パルムドールを受賞し、トロフィーを手に会見に臨む是枝裕和監督 =23日夜、羽田空港(撮影・矢島康弘) 第71回カンヌ国際映画賞パルムドールを受賞し、トロフィーを手に会見に臨む是枝裕和監督 =23日夜、羽田空港(撮影・矢島康弘)

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した映画「万引き家族」の是枝裕和監督(55)が23日夜に帰国し、記者会見で「これだけの記者の方が集まっているのを見て『大きな賞なんだな』とちょっと実感がわいてきました」と笑顔で語った。

第71回カンヌ国際映画賞パルムドールを受賞し、会見する是枝裕和監督 =23日夜、羽田空港(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
第71回カンヌ国際映画賞パルムドールを受賞し、会見する是枝裕和監督 =23日夜、羽田空港(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本映画の同賞受賞は今村昇平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりとあって、羽田空港の会場には約150人の報道陣が詰めかけた。是枝監督は紺のブレザー姿でパルムドールのトロフィーを集まった報道陣に披露した。

 「万引き家族」は家族をテーマにした作品で数々の映画賞を受賞した是枝監督の最新作。同映画祭のコンペティション部門に出品され、最高賞パルムドールを受賞した。リリー・フランキーさんや安藤サクラさん、樹木希林さんが出演。祖母の年金を頼りに、子供に万引をさせながら暮らす一家の日常を描く。是枝監督が脚本、編集も手掛けた。音楽は細野晴臣さん。日本公開は6月8日。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング