産経フォト

自動運転バス導入へ実験 兵庫の理研施設で安全走行

自動車

自動運転バス導入へ実験 兵庫の理研施設で安全走行

更新 sty1805200016
 実用化に向けた実証実験を始めた自動運転の電気バス=20日、兵庫県佐用町  実用化に向けた実証実験を始めた自動運転の電気バス=20日、兵庫県佐用町

 兵庫県や理化学研究所などは20日、同県佐用町の大型放射光施設「スプリング8」敷地内で、自動運転の電気バス(EVバス)実用化に向けた実証実験を始めた。周辺地域で将来的な導入を目指し、地元バス会社と連携して安全運行のノウハウを蓄積する。

 実用化に向けた実証実験を始めた自動運転の電気バス=20日、兵庫県佐用町
画像を拡大する
 実用化に向けた実証実験を始めた自動運転の電気バス=20日、兵庫県佐用町フルスクリーンで見る 閉じる

 バスはフランスのナビヤ社製。オペレーターは同乗するが運転席はなく、事前登録した敷地内の約1・7キロのコースを時速15キロ程度で周回する。
 20日は報道陣らの試乗会が開かれ、上り坂やカーブの多いコースを2台がスムーズに走行した。前後左右にセンサーを備えており、バスの進路付近で立っている人がいると、検知して発進しなかった。
 実験は23日までで、期間中は理研職員らが施設内の移動に利用。バスは約15キロ離れた場所から遠隔監視し、今後は公道での実験も検討する。

 自動運転バスは、廃炉作業が続く福島第1原発で東京電力が作業員向けに既に運用を開始。政府も人口減少に伴う都市機能の集約を見据えて整備を目指している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング