産経フォト

浮かぶ小天守、復旧進む 地震被災の熊本城

遺跡・建造物

浮かぶ小天守、復旧進む 地震被災の熊本城

更新 sty1805150005
 復旧工事が進む熊本城天守閣の小天守=15日午前、熊本市  復旧工事が進む熊本城天守閣の小天守=15日午前、熊本市
 復旧工事が進む熊本城天守閣の小天守=15日午前、熊本市
画像を拡大する
 復旧工事が進む熊本城天守閣の小天守=15日午前、熊本市フルスクリーンで見る 閉じる

 熊本市は15日、2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の復旧工事の様子を報道陣に公開した。復興の象徴として修復を急ぐ天守閣小天守は、崩れた土台部分の石垣の解体が進み、地上約6メートルに浮かび上がったような姿となっている。

 小天守は地下1階、地上4階の高さ約20メートルで、復旧用の足場に覆われた大天守に隣接。地震で柱や壁が傷つき、建物内部への入り口がある石垣の一部が崩れた。

 石垣解体に伴い、鉄筋コンクリートの基礎がむき出しに。市は今後、被害を詳しく確認し、石を積み直す。建物は本年度にも最上階の解体に着手、軽量化し造り直す。大天守も合わせ21年春ごろまでに復旧させる予定だ。

 地震後に残った柱状の石垣が建物を支えた飯田丸五階櫓の解体工事も公開。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング