産経フォト

母パンダ「良浜」に贈り物 和歌山のレジャー施設

生き物

母パンダ「良浜」に贈り物 和歌山のレジャー施設

更新 sty1805110004
 ハート形の氷をプレゼントされたジャイアントパンダの「良浜」=11日午前、和歌山県白浜町  ハート形の氷をプレゼントされたジャイアントパンダの「良浜」=11日午前、和歌山県白浜町
 ハート形の氷をプレゼントされたジャイアントパンダの「良浜」=11日午前、和歌山県白浜町
画像を拡大する
 ハート形の氷をプレゼントされたジャイアントパンダの「良浜」=11日午前、和歌山県白浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は11日、母の日にちなみ、雌のジャイアントパンダ「良浜」(17歳)に、カーネーションをかたどったニンジンやハート形の氷、好物のタケノコを贈った。プレゼントは13日まで毎日続ける。

 名前を呼ばれて屋外運動場に登場した良浜は、氷に興味を示した後、来場者に背を向ける形で座り込んだ。来場者からは「おーい」「こっちを向いて」との声も飛んだが、悠々とタケノコを頬張っていた。

 飼育スタッフの中谷有伽さん(23)は「良浜はマイペースな性格なんです」と苦笑い。「とても元気なので、この状態を維持できるようにしたい」と話した。

 良浜は8頭の赤ちゃんを出産し、育てている。4月に雄の「永明」(25歳)との交配が確認されており、妊娠していれば、7~9月に出産が期待できる。

 施設によると、良浜の体調は良好。元気よく動き回り、食欲もあるという。体重は約105キロ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング