産経フォト

福岡市で500日前式典 ラグビーW杯日本大会

イベント・祭典

福岡市で500日前式典 ラグビーW杯日本大会

更新 sty1805080021
 ラグビーW杯日本大会の開幕500日前記念セレモニーで、ラガーマンが女の子を担ぎ上げて行われたくす玉割り=8日午後、JR博多駅前  ラグビーW杯日本大会の開幕500日前記念セレモニーで、ラガーマンが女の子を担ぎ上げて行われたくす玉割り=8日午後、JR博多駅前
 ラグビーW杯日本大会の開幕500日前記念セレモニーで、ラガーマンが女の子を担ぎ上げて行われたくす玉割り=8日午後、JR博多駅前
画像を拡大する
 ラグビーW杯日本大会の開幕500日前記念セレモニーで、ラガーマンが女の子を担ぎ上げて行われたくす玉割り=8日午後、JR博多駅前フルスクリーンで見る 閉じる

 ラグビー2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕500日前となった8日、試合開催都市の一つである福岡市のJR博多駅前で記念セレモニーが開かれ、小川洋福岡県知事が「大会が大成功するよう県民と関係者でスクラムを組んで、しっかり準備を進めたい」とあいさつした。
 セレモニーでは、選手を担ぎ上げてボールを取り合う動作によるくす玉割りや、開幕までの残り日数を表示するカウントダウンボードの除幕式も行われた。大会公式マスコット「レンジー」も登場し、会場を盛り上げた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング