産経フォト

人馬駆け、壁越え6回 三重・多度大社で上げ馬神事

伝統・文化

人馬駆け、壁越え6回 三重・多度大社で上げ馬神事

更新 sty1805040017
勢いよく斜面を駆け上がる騎手 =4日午後、三重県桑名市の多度大社(渡辺恭晃撮影) 勢いよく斜面を駆け上がる騎手 =4日午後、三重県桑名市の多度大社(渡辺恭晃撮影)
勢いよく斜面を駆け上がる騎手 =4日午後、三重県桑名市の多度大社(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
勢いよく斜面を駆け上がる騎手 =4日午後、三重県桑名市の多度大社(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 三重県桑名市の多度大社で4日、地元の若者が乗った馬が約2メートルの土壁を駆け上がる「上げ馬神事」が行われた。壁を越えた回数で農作物の豊凶などを占う伝統行事。集まった観客約10万人(多度大社発表)が見守る中、例年より多い6回の上げ馬に成功した。

 黒の陣がさに緑や青の鮮やかな裃姿の15~24歳の騎手6人が2回ずつ挑戦した。勢いよく走りだした馬が壁を越える度に、会場は歓声と拍手に包まれた。

 1人だけ2回成功した桑名市の会社員前田綾太さん(24)は「やってやったぞという気持ち。自信しかなかった」と顔をほころばせた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング