産経フォト

午後に羽生結弦選手パレード 仙台、朝から大勢のファン、「徹夜組」も

イベント・祭典

午後に羽生結弦選手パレード 仙台、朝から大勢のファン、「徹夜組」も

更新 sty1804220003
 羽生結弦選手の祝賀パレードに駆け付け、手作りの応援メッセージを掲げるファン=22日午前、仙台市  羽生結弦選手の祝賀パレードに駆け付け、手作りの応援メッセージを掲げるファン=22日午前、仙台市

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦選手(23)のパレードが22日午後、地元の仙台市で開催される。沿道には朝から大勢の市民やファンが詰めかけ、主催者は4年前のソチ五輪後に行われた際の約9万2千人を大きく上回る12万人を見込んでいる。

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦選手の祝賀パレードを待つ大勢のファン=22日午前、仙台市
画像を拡大する
 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦選手の祝賀パレードを待つ大勢のファン=22日午前、仙台市フルスクリーンで見る 閉じる

 午後1時15分から出発式が行われ、宮城県が2度目の県民栄誉賞を授与。その後、市中心部の大通り約1・1キロをパレードする。
 熱心なファンの中には前夜からの「徹夜組」も。日中の最高気温は26度と予想され、スタッフが熱中症への注意を呼び掛けていた。
 幼なじみとスタートを待っていた高校3年遠藤柚乃さん(17)は、東日本大震災の津波で宮城県七ケ浜町の自宅が全壊。「羽生選手の頑張る姿に被災した大人も子供も力をもらった。大好きな羽生君に会えるのは本当に楽しみです」と笑顔で話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング