産経フォト

JR西、超音波検査を公開 「内部欠陥発見に効果」

鉄道

JR西、超音波検査を公開 「内部欠陥発見に効果」

更新 sty1804200015
 JR西日本が報道陣に公開した新幹線の交番検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所  JR西日本が報道陣に公開した新幹線の交番検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所
 JR西日本が報道陣に公開した新幹線の交番検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所
画像を拡大する
 JR西日本が報道陣に公開した新幹線の交番検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所フルスクリーンで見る 閉じる

 JR西日本は20日、博多総合車両所(福岡県那珂川町)で、超音波を使って新幹線の台車の傷を調べる検査の様子を報道陣に公開した。新幹線のぞみの台車に破断寸前の亀裂が見つかった問題を受けて昨年12月に導入され、目視では見つけられない傷の発見に役立つという。

 JR西日本が公開した新幹線の台車の傷を調べる超音波検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所
画像を拡大する
 JR西日本が公開した新幹線の台車の傷を調べる超音波検査=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所フルスクリーンで見る 閉じる

 モニターに映る波形の大きさで傷の有無や形状を判別する。博多総合車両所では6人の担当者を決め、1日に7~8台の台車を検査。1台当たり1時間以上かかるが、松井元康所長は「これまでの検査は不十分だった。(超音波を使えば)内部に潜んだ欠陥を発見できる」と効果を強調した。

 JR西日本が公開した新幹線の台車の傷を調べる検査。モニターに映る波形の大きさで傷の有無や形状を判別する=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所
画像を拡大する
 JR西日本が公開した新幹線の台車の傷を調べる検査。モニターに映る波形の大きさで傷の有無や形状を判別する=20日午後、福岡県那珂川町の博多総合車両所フルスクリーンで見る 閉じる

 JR西によると、超音波検査はこれまでに545台に実施し、26台で傷を確認。順次交換を進めるとともに、今後は定期検査に合わせてチェックを続ける。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング