産経フォト

巨大パンダ選手に反響 ゆるさ魅力のプロレス団体

ニュース

巨大パンダ選手に反響 ゆるさ魅力のプロレス団体

更新 sty1804170001
 リング上で対戦相手を威嚇するアンドレザ・ジャイアントパンダ=10日、北海道根室市  リング上で対戦相手を威嚇するアンドレザ・ジャイアントパンダ=10日、北海道根室市
 必殺技「アンドレザ・プレス」を決める、アンドレザ・ジャイアントパンダ(左)=10日、北海道根室市
画像を拡大する
 必殺技「アンドレザ・プレス」を決める、アンドレザ・ジャイアントパンダ(左)=10日、北海道根室市フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道根室市の社会人プロレス団体「新根室プロレス」に熱い視線が注がれている。身長約3メートルの巨大なパンダの着ぐるみ「アンドレザ・ジャイアントパンダ」がレスラーとして戦う動画がインターネット上で広がり、上野動物園のパンダブームと相まって一躍全国区になった。
 同団体は9月で結成から12年。所属する男女約25人の平均年齢は40歳を超え、銀行員や漁師、酪農家など、全員が別の仕事を持つ社会人だ。モットーは「無理しない。けがしない。明日も仕事」。誰もが楽しめる「ゆるい」プロレスを心がけ、危険な技は使わない。
 子どもの観客を喜ばせるため、2006年の結成当初から個性的な衣装や着ぐるみのレスラーたちが試合をしてきた。ジャイアントパンダも、プロレスラーの故アンドレ・ザ・ジャイアントの名前とパンダをだじゃれで結びつけただけだったが、17年のデビューと同じ頃、上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生。パンダブームの到来で、スポーツ紙の取材やテレビの出演依頼が殺到した。

 新根室プロレスのアンドレザ・ジャイアントパンダ(左)=10日、北海道根室市
画像を拡大する
 新根室プロレスのアンドレザ・ジャイアントパンダ(左)=10日、北海道根室市フルスクリーンで見る 閉じる

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング