産経フォト

「大動脈として定着」 JR瀬戸大橋線開業30年

鉄道

「大動脈として定着」 JR瀬戸大橋線開業30年

更新 sty1804100012
 開通30周年記念のヘッドマークを付けたJR瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」=10日午後、JR高松駅  開通30周年記念のヘッドマークを付けたJR瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」=10日午後、JR高松駅
 JR高松駅で開かれた開業30周年式典でお披露目されたヘッドマーク=10日午後
画像を拡大する
 JR高松駅で開かれた開業30周年式典でお披露目されたヘッドマーク=10日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 JR瀬戸大橋線が10日、開業から30周年を迎え、高松駅(高松市)で式典が開かれた。JR四国の半井真司社長はあいさつで「本州と四国を結ぶ大動脈で、生活路線として定着している」と路線の重要性を強調。記念ヘッドマークを付けた快速「マリンライナー」の運行も始まった。

 開通30周年記念のヘッドマークを付けたJR瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」=10日午後、JR高松駅
画像を拡大する
 開通30周年記念のヘッドマークを付けたJR瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」=10日午後、JR高松駅フルスクリーンで見る 閉じる

 半井社長は「ご利用いただいた皆さまに心より感謝を申し上げる」と述べた。

 ヘッドマークには岡山、香川両県が公募した瀬戸大橋開通30周年記念事業のシンボルが描かれ、9月末まで早朝と深夜の5本を除いたすべてのマリンライナーの香川県側車両先頭に取り付けられる。

 JR四国によると、瀬戸大橋線は宇野線、本四備讃線、予讃線を通り岡山駅(岡山市)と高松駅を結ぶ路線の通称で、1日に約2万2千人が利用している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング