産経フォト

丘一面に空色じゅうたん 茨城、ネモフィラ見頃 「インスタ映え」も人気

自然・風景

丘一面に空色じゅうたん 茨城、ネモフィラ見頃 「インスタ映え」も人気

更新 sty1804100009
 ネモフィラが見頃を迎えた「国営ひたち海浜公園」。丘一面に青空色のじゅうたんを広げたような風景が楽しめる=10日、茨城県ひたちなか市  ネモフィラが見頃を迎えた「国営ひたち海浜公園」。丘一面に青空色のじゅうたんを広げたような風景が楽しめる=10日、茨城県ひたちなか市
 見頃を迎えた「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ=10日、茨城県ひたちなか市
画像を拡大する
 見頃を迎えた「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ=10日、茨城県ひたちなか市フルスクリーンで見る 閉じる

 茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」で、淡いブルーの花が愛らしいネモフィラ約450万本が見頃を迎え、多くの来園者でにぎわっている。丘一面に青空色のじゅうたんを広げたような風景は、4月下旬ごろまで楽しめる。「インスタ映え」も人気の理由という。
 ネモフィラは北米原産の一年草で、直径2~3センチの花が咲く。見頃は例年、ゴールデンウイーク(GW)と重なるが、今年は気温上昇で10日ほど早い。10日に家族らと訪れた、横浜市の会社員内田瑛美里さん(28)は「柔らかいブルーがきれい。花の海のようで感動しました」と笑顔だった。

 公園によると、ネモフィラのインスタ映えは、会員制交流サイトなどで拡散。昨年のGWは過去最多の約58万人が来園した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング