産経フォト

カモノハシ700系引退へ 東海道新幹線、20年3月に

鉄道

カモノハシ700系引退へ 東海道新幹線、20年3月に

更新 sty1804070008
JR東海道新幹線で運行する車両「700系」=3月、東京都港区 JR東海道新幹線で運行する車両「700系」=3月、東京都港区

 JR東海が東海道新幹線(東京-新大阪)で運行する車両「700系」を2020年3月のダイヤ改正を機に引退させる方針を固めたことが7日、分かった。先頭のくちばしのような形状から「カモノハシ」との愛称で親しまれてきたが、高速化に対応できず、登場から21年で東海道区間から姿を消す。JR西日本が管轄する山陽新幹線(新大阪-博多)では改正後も運行を続ける見通し。

JR東海道新幹線で運行する車両「700系」=3月、東京都港区
画像を拡大する
JR東海道新幹線で運行する車両「700系」=3月、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 700系は1999年3月に運行を開始。先頭の形状は、空気抵抗を低減するために考案され、斬新なデザインは子どもらの人気を集めてきた。車内の座席周辺の空間が広く、比較的ゆったり座れるのも特徴だ。現在は主に「こだま」の車両で使われている。
 JR東海は20年3月のダイヤ改正後、東海道区間を最高時速285キロで走れる車両に統一するため、同区間を最高時速270キロで走る700系の運用を終えることにした。具体的な引退日は未定で、「さよなら運転」も実施されるとみられる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング