産経フォト

「安全こそ絶対的使命」 全日空、羽田格納庫で入社式

ニュース

「安全こそ絶対的使命」 全日空、羽田格納庫で入社式

更新 sty1804010013
ANAグループ合同入社式後、格納庫で記念撮影する新入社員ら=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影) ANAグループ合同入社式後、格納庫で記念撮影する新入社員ら=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
ANAグループ合同入社式後、格納庫で記念撮影する新入社員ら=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
ANAグループ合同入社式後、格納庫で記念撮影する新入社員ら=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 全日空グループは1日、羽田空港の格納庫で、グループ36社の合同入社式を開いた。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて特別塗装されたボーイング777を前に、約2600人の新入社員が「安全こそ絶対的な使命」と誓った。

ANAグループ合同入社式に臨む新入社員=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
ANAグループ合同入社式に臨む新入社員=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 現場は年中無休で稼働しているとして、昨年に続き土日に入社式を実施。ANAホールディングスの片野坂真哉社長はあいさつで、1971年に岩手県上空で全日空機と自衛隊機が衝突した「雫石事故」などを挙げ、「安全が全て」とのフレーズを4回繰り返した。

ANAグループ合同入社式であいさつするANAホールディングスの片野坂真哉社長=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
ANAグループ合同入社式であいさつするANAホールディングスの片野坂真哉社長=1日午前、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 新入社員を代表して、日本オリンピック委員会(JOC)のトップ選手就職支援制度「アスナビ」を活用して全日空商事に入社した平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック女子代表の神長汐音選手(18)=長野・小海高出身=が「安全こそ全ての事業に共通する絶対的な使命であることを胸に刻み、不断の努力と挑戦を続ける」と抱負を述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング