産経フォト

大阪メトロが始動 公営初の民営化

鉄道

大阪メトロが始動 公営初の民営化

更新 sty1804010004
御堂筋線なかもず駅を出発する始発列車=1日午前4時55分、堺市 (安元雄太撮影) 御堂筋線なかもず駅を出発する始発列車=1日午前4時55分、堺市 (安元雄太撮影)
出発式で行われたテープカット=1日午前4時49分、堺市北区 (安元雄太撮影)
画像を拡大する
出発式で行われたテープカット=1日午前4時49分、堺市北区 (安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪市営地下鉄の民営化に伴い運営を引き継いだ大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)が1日、営業運行を始めた。御堂筋線なかもず駅(堺市)で開かれた出発式では、内山豊天王寺管区駅長の「出発進行」の号令とともに、新会社のロゴで飾られた電車を社員が拍手で見送った。

 公営地下鉄の民営化は全国で初めて。河井英明社長は出発式で「今日から大阪メトロとして新しくスタートする。安全、安心を優先し、社員が一丸となって取り組む」と抱負を述べた。

【大阪シティバス鍵引き渡し式】大阪市交通局のマスコットキャラクター「にゃんばろう」から鍵のレプリカを受け取る大阪シティバスの有馬宏尚代表取締役会長(中央)と木田俊郎社長 =1日午前、大阪市北区の大阪駅前バスターミナル(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
【大阪シティバス鍵引き渡し式】大阪市交通局のマスコットキャラクター「にゃんばろう」から鍵のレプリカを受け取る大阪シティバスの有馬宏尚代表取締役会長(中央)と木田俊郎社長 =1日午前、大阪市北区の大阪駅前バスターミナル(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪メトロは今後、不動産経営など事業の多角化で増収やサービスの向上を目指す。市営バスも、同社の子会社「大阪シティバス」に事業が引き継がれた。
 なかもず駅から電車を利用した40代の男性会社員は「運賃の値下げや終電の延長といったサービスが広がってほしい」と話した。
 民営化のPRのため、梅田駅(大阪市北区)ではロゴのモニュメントが披露された。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング