産経フォト

金正恩氏がIOC会長と会談 東京・北京五輪、北朝鮮選手の参加支持

ニュース

金正恩氏がIOC会長と会談 東京・北京五輪、北朝鮮選手の参加支持

更新 sty1803310008
30日、平壌で握手するIOCのバッハ会長(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が31日掲載した(コリアメディア提供・共同) 30日、平壌で握手するIOCのバッハ会長(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が31日掲載した(コリアメディア提供・共同)
30日、平壌で会談に臨むIOCのバッハ会長(中央左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(同右)。労働新聞が31日掲載した(コリアメディア提供・共同)
画像を拡大する
30日、平壌で会談に臨むIOCのバッハ会長(中央左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(同右)。労働新聞が31日掲載した(コリアメディア提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、訪朝した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と平壌で会談し、2020年の東京五輪と22年の北京冬季五輪への北朝鮮選手の参加について支持を表明した。両五輪参加に前向きな考えを示したのは初めて。AP通信が報じた。
 バッハ氏はこれに先立ち、北朝鮮オリンピック委員会委員長の金日国体育相とも会談。同委員会から東京・北京五輪への参加の約束を取り付けたという。
 朝鮮中央通信も31日、金正恩氏とバッハ氏の会談を報じた。バッハ氏は、IOCが北朝鮮の東京・北京五輪への参加準備に長期的に協力する用意を表明。金正恩氏は、平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐりIOCが「規定と慣例を越えて特例的な措置で協力してくれた」ことに謝意を示した。
 「凍り付いていた北南(南北)関係が劇的な解氷期を迎えられたのは全面的にIOCの功労だ」とも述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング