産経フォト

廃炉の現場を疑似見学 第1原発の360度映像 現場にいる人の視点で撮影

東日本大震災

廃炉の現場を疑似見学 第1原発の360度映像 現場にいる人の視点で撮影

更新 sty1803290011
 東京電力が公開した福島第1原発構内を360度カメラなどで撮影した動画の一場面(東電提供)  東京電力が公開した福島第1原発構内を360度カメラなどで撮影した動画の一場面(東電提供)

 東京電力は29日、福島第1原発で進む廃炉作業と汚染水対策の現場を知ってもらおうと、発電所構内を360度カメラなどで撮影した動画の公開を同社ホームページ上で始めた。構内を疑似的に見学できる。

 東京電力が公開した福島第1原発構内を360度カメラなどで撮影した動画の一場面(東電提供)
画像を拡大する
 東京電力が公開した福島第1原発構内を360度カメラなどで撮影した動画の一場面(東電提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 動画の多くは現場にいる人の視点で撮影されている。事故が起きた1~4号機の原子炉建屋を間近で見ることができるほか、高濃度汚染水を浄化する設備や、浄化後の処理水を保管するタンク群などを、歩きながら見学している感覚で視聴できる。画面では、それぞれの場所の空間放射線量も確認できる。
 第1原発を視察した人は2017年度、2月末時点で延べ約1万1400人に上る。対象は技術者や自治体、報道機関などに限られ、一般の人は自由に見学できない。東電の担当者は「事故から7年がたち、本格的な廃炉作業が進む現場を、映像を通じてより多くの人に見てもらいたい」と話した。

 動画のURLは、http://www.tepco.co.jp/insidefukushimadaiichi/

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング