産経フォト

桜の乾通り、公開開始 皇居で、4月1日まで

自然・風景

桜の乾通り、公開開始 皇居で、4月1日まで

更新 sty1803240007
 桜の見頃を迎え、一般公開が始まった皇居・乾通り=24日午前(共同通信社ヘリから)  桜の見頃を迎え、一般公開が始まった皇居・乾通り=24日午前(共同通信社ヘリから)
 一般公開が始まった皇居・乾通りで見頃を迎えた桜=24日午前
画像を拡大する
 一般公開が始まった皇居・乾通りで見頃を迎えた桜=24日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 桜の見頃を迎えた皇居・乾通りの一般公開が24日、始まった。東京駅側の坂下門から宮内庁の庁舎前を通り、乾門に抜ける約750メートルの並木道を歩くことができる。昨年は樹木の植え替えで中止だったため、春としては2年ぶり。12品種計75本から、31品種計103本に増えた桜が出迎える。

 桜の見頃を迎え、一般公開が始まった皇居・乾通り。手前は乾門=24日午前(共同通信社ヘリから)
画像を拡大する
 桜の見頃を迎え、一般公開が始まった皇居・乾通り。手前は乾門=24日午前(共同通信社ヘリから)フルスクリーンで見る 閉じる

 4月1日までで、入門は午前10時~午後3時半。春としては、これまでより30分長くなった。気象庁によると、東京の桜は24日に満開になった。穏やかな春空の下、観光客ら約3700人が長蛇の列を作り、開門が20分早められた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング