産経フォト

「再訪」春はすぐそこに #8 宮原伶奈さん 東日本大震災7年

東日本大震災

「再訪」春はすぐそこに #8 宮原伶奈さん 東日本大震災7年

更新 sty1803220002
大船渡市内でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(高1)と妹の杏奈さん(小4) =2月25日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影) 大船渡市内でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(高1)と妹の杏奈さん(小4) =2月25日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)
2011年3月31日、避難所でメッセージを掲げる宮原伶奈さん =岩手県大船渡市のリアスホール(矢島康弘撮影)
画像を拡大する
2011年3月31日、避難所でメッセージを掲げる宮原伶奈さん =岩手県大船渡市のリアスホール(矢島康弘撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 7年前、岩手県大船渡市の避難所で「流された家を返せ!!」のメッセージを掲げていた宮原伶奈さん(16)。震災から約一年半後、元の場所に自宅を再建した。大船渡の街も着々と復興が進み、新しい景色が見えてきている。

 昨年4月、大船渡高校に進学し、吹奏楽部でフルートを担当している。東北大会に進出したことでフルートへの情熱も強くなり、全国大会を目指し練習に励む毎日だ。

 「卒業後は、県外の大学に進学したいので、大船渡は離れることになりそう。将来のことはこれからじっくり考えたい」と話した。

東日本大震災から3年、再建した自宅前でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(小6) =2014年2月8日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
東日本大震災から3年、再建した自宅前でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(小6) =2014年2月8日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
東日本大震災から3年、再建した自宅前で笑顔の宮原伶奈さん(小6) =2014年2月8日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
東日本大震災から3年、再建した自宅前で笑顔の宮原伶奈さん(小6) =2014年2月8日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
建設中の防潮堤前でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(高1) =2月25日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
建設中の防潮堤前でメッセージを掲げる宮原伶奈さん(高1) =2月25日、岩手県大船渡市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング