産経フォト

共同活動実現へ作業加速 北方領土で日ロ外相

ニュース

共同活動実現へ作業加速 北方領土で日ロ外相

更新 sty1803210009
日露外相会談後の共同記者会見を終え、握手を交わす河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後1時37分、東京都港区(代表撮影) 日露外相会談後の共同記者会見を終え、握手を交わす河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後1時37分、東京都港区(代表撮影)
日露外相会談を終え、共同記者会見に臨む河野外相(中央右)とラブロフ露外相(同左)=21日午後1時3分、東京都港区(代表撮影)
画像を拡大する
日露外相会談を終え、共同記者会見に臨む河野外相(中央右)とラブロフ露外相(同左)=21日午後1時3分、東京都港区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 河野太郎外相は21日、ロシアのラブロフ外相と東京都内で会談し、両国が実現を目指す北方領土での共同経済活動に関し、5月下旬にロシアで行う安倍晋三首相とプーチン大統領の首脳会談に向け、具体化への調整作業を加速させることで一致した。ラブロフ氏は会談後の共同記者会見で、日本が配備する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」が米国によるミサイル防衛(MD)の一部になるとして懸念を表明した。

 プーチン氏が大統領選に圧勝した後、日ロ外相が会談するのは初めて。

 イージス・アショアに関し、ラブロフ氏は会見で「ロシアの安全保障に直接影響を与える」と指摘。河野氏は「周辺国に脅威を与えるものではない」と述べ、理解を求めた。

 ラブロフ氏は会見で、共同経済活動について「(協議が)良い雰囲気で進んでいる」と評価。一部の作業部会の開催時期で近く合意できるとの見通しを示した。

日露外相会談を終え、署名式に臨む河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後0時49分、東京都港区(代表撮影)
画像を拡大する
日露外相会談を終え、署名式に臨む河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後0時49分、東京都港区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
日露外相会談を終え、署名式で握手を交わす河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後0時49分、東京都港区(代表撮影)
画像を拡大する
日露外相会談を終え、署名式で握手を交わす河野外相(右)とラブロフ露外相=21日午後0時49分、東京都港区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング