産経フォト

被災生徒、NYでオペラ 復興への思い、歌に込め

東日本大震災

被災生徒、NYでオペラ 復興への思い、歌に込め

更新 sty1803210006
 20日、米ニューヨークのオペラ公演でダンスを披露する宮城、福島両県の高校生ら(共同)  20日、米ニューヨークのオペラ公演でダンスを披露する宮城、福島両県の高校生ら(共同)

 米ニューヨークのリンカーンセンターで20日、ベルディのオペラ「椿姫」の公演が行われ、東日本大震災で被災した宮城、福島両県の高校生がコーラスやダンスで参加、復興への思いを込めた美しい歌声を披露した。

 日本人指揮者の山田あつし氏率いる「フィルハーモニア・オーケストラ・オブ・ニューヨーク」の公演に被災地の生徒が加わるのは、主催者側によると7年連続。過去6回はいずれも合唱での参加で、今回初めてオペラに挑戦したという。

 20日、米ニューヨークのオペラ公演で歌を披露する宮城、福島両県の高校生ら(共同)
画像を拡大する
 20日、米ニューヨークのオペラ公演で歌を披露する宮城、福島両県の高校生ら(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 参加したのは福島県立いわき光洋高校、聖ウルスラ学院英智高校(仙台市)、宮城県名取市のミュージカル団体「ハンド・イン・ハンドNATORI」所属の高校生計46人。
 福島県いわき市で小学生の頃に被災し、神奈川県で約1カ月避難生活を経験した、いわき光洋高3年の坂本美羽さん(18)は「みんなに原発(の現状)はどうかと聞かれるけど、普通の生活を送れているし、現状は良くなっていると知ってほしい」と話した。

 公演前には東北の被災地の写真のスライドショーも上映された。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング