産経フォト

「再訪」春はすぐそこに #9 三塚恵さん 東日本大震災7年

東日本大震災

「再訪」春はすぐそこに #9 三塚恵さん 東日本大震災7年

更新 sty1803200011
再建した自宅でメッセージを掲げる岩手県釜石市の三塚さん一家。左から浩之さん、次女の麻央さんと結朱ちゃん、恵さん、長女の奈々さん =2月24日(植村光貴撮影) 再建した自宅でメッセージを掲げる岩手県釜石市の三塚さん一家。左から浩之さん、次女の麻央さんと結朱ちゃん、恵さん、長女の奈々さん =2月24日(植村光貴撮影)
被災直後の三塚恵さんの自宅(中央の白い建物)=2011年3月21日、岩手県釜石市(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
被災直後の三塚恵さんの自宅(中央の白い建物)=2011年3月21日、岩手県釜石市(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 津波で被災した自宅を改築しレストランを開いていた岩手県釜石市の三塚浩之さん、恵さん家族。地元で人気のレストランだったが、周辺の復興計画に伴いオープンから3年で閉店を余儀なくされ、昨年更地になった。恵さん(54)は来春、別の場所でレストランを開店させる予定で、地元の魚介を使った新しいメニューなどの準備に取りかかっている。

2013年9月、レストランの前でメッセージを掲げる三塚恵さん(中央)と次女の麻央さん(右)ら =岩手県釜石市(植村光貴撮影)
画像を拡大する
2013年9月、レストランの前でメッセージを掲げる三塚恵さん(中央)と次女の麻央さん(右)ら =岩手県釜石市(植村光貴撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 恵さんは「震災以来ずっと、マイナスからのスタート、ゼロからのスタートを切っているよう」と今の心境を話す。

 新しい店は窓から海が見える。「(海は津波で)マイナスのイメージだったけれど、やっぱり『海っていいな』とホッとします」。

再建した自宅前でメッセージを掲げる岩手県釜石市の三塚浩之さん一家。左から浩之さん、次女の麻央さん、恵さん、長女の奈々さん =2月24日(植村光貴撮影)
画像を拡大する
再建した自宅前でメッセージを掲げる岩手県釜石市の三塚浩之さん一家。左から浩之さん、次女の麻央さん、恵さん、長女の奈々さん =2月24日(植村光貴撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 2011年7月、がれきの中で営業する三塚恵さんのキッチンカー「はまゆい」。肉の煮込みや野菜のマリネなど、多彩なおかずが好評だった=岩手県釜石市
画像を拡大する
 2011年7月、がれきの中で営業する三塚恵さんのキッチンカー「はまゆい」。肉の煮込みや野菜のマリネなど、多彩なおかずが好評だった=岩手県釜石市フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング