産経フォト

新型ロマンスカー「70000形」出発 9代目「イメージ一新」

鉄道

新型ロマンスカー「70000形」出発 9代目「イメージ一新」

更新 sty1803170010
 新宿駅を出発する小田急電鉄特急ロマンスカーの新型車両「70000形」=17日午前  新宿駅を出発する小田急電鉄特急ロマンスカーの新型車両「70000形」=17日午前

 小田急電鉄は17日、ダイヤ改正に合わせて運行を始めた特急ロマンスカーの新型車両「70000形」の出発式を新宿駅で開いた。バラの色を基調にした赤い車体や、先頭車両の展望席が特徴。愛称は「GSE」で、主に新宿-箱根湯本(神奈川)を走る。

 新宿駅を出発する小田急電鉄特急ロマンスカーの新型車両「70000形」=17日午前
画像を拡大する
 新宿駅を出発する小田急電鉄特急ロマンスカーの新型車両「70000形」=17日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 午前9時、ホームに集まった大勢の鉄道ファンに見守られながら一番列車が発車。ロマンスカー好きの長男(2)と乗車した埼玉県吉川市の会社員宮川悠樹さん(37)は「先頭がシャープになり、イメージが一新された。新しい車両の雰囲気や沿線の風景を楽しみたい」と笑顔で語った。
 70000形は9代目のロマンスカーで、新型車両の導入は2008年の60000形(MSE)以来。側面の窓は従来よりも上下の幅を30センチ程度大きくし景色を楽しめるようにした。座席にはコンセントを設置し、Wi-Fiによるインターネット接続も可能となった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング