産経フォト

文楽人形、熊本城下お練り 復興支援で17日開幕

伝統・文化

文楽人形、熊本城下お練り 復興支援で17日開幕

更新 sty1803160017
 「にっぽん文楽」の公演を前に、人形と共に熊本市内の繁華街を練り歩く人形遣いら=16日午後  「にっぽん文楽」の公演を前に、人形と共に熊本市内の繁華街を練り歩く人形遣いら=16日午後

 本格的な組み立て式舞台で全国を巡り、人形浄瑠璃の魅力を伝えるプロジェクト「にっぽん文楽」の出演者らが16日、熊本城二の丸広場で17日に開幕するのを前に、人形と共に熊本市街地を練り歩いた。

 「にっぽん文楽」の公演を前に、人形と共に熊本市内の繁華街を練り歩く人形遣い=16日午後
画像を拡大する
 「にっぽん文楽」の公演を前に、人形と共に熊本市内の繁華街を練り歩く人形遣い=16日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 熊本地震の被災地を支援しようと、仮設住宅で暮らす被災者を優先的に招待しており、総合プロデューサーの中村雅之さんは「地震の爪痕は今も残っており、元気を届けたい」と意気込んだ。

 にっぽん文楽は、伝統芸能の文楽を屋外でも気軽に楽しんでもらおうと日本財団が2014年に立ち上げた。その後、東京や大阪などで開催され、今回が6回目。

 この日は、市中心部の繁華街「下通」を関係者ら約50人が歩き、人形遣いが巧みに人形を操り、力強く歩く動作を披露。通りかかった市民らは、写真を撮って楽しんでいた。

 公演は1日2回で、20日まで。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング