産経フォト

バングラ航空機着陸失敗で49人死亡 ネパール首都、大破炎上

ニュース

バングラ航空機着陸失敗で49人死亡 ネパール首都、大破炎上

更新 sty1803120017
 着陸に失敗したバングラデシュからの旅客機=12日、ネパールの首都カトマンズ(AP)  着陸に失敗したバングラデシュからの旅客機=12日、ネパールの首都カトマンズ(AP)

 ネパール航空当局によると、同国の首都カトマンズの国際空港で12日、バングラデシュの首都ダッカ発のUS-バングラ航空機が着陸に失敗した。機体は空港近くのサッカー場で大破し、炎上した。警察によると、少なくとも49人の死亡が確認されたという。

 着陸に失敗し大破したバングラデシュからの旅客機=12日、ネパールの首都カトマンズ(AP)
画像を拡大する
 着陸に失敗し大破したバングラデシュからの旅客機=12日、ネパールの首都カトマンズ(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 当局者によると、旅客機は乗客67人、乗員4人で、約20人が負傷した。機体の損傷が激しく、捜索が難航したという。同航空や在ネパール日本大使館によると、乗客のほとんどはネパール人とバングラデシュ人で、日本人が巻き込まれたとの情報はない。 地元紙などによると、旅客機はボンバルディアの双発プロペラ機。旅客機は管制塔の指示とは別の方向から着陸しようとして失敗、滑走路から外れて格納庫などに衝突した。機体に何らかの異常が発生した可能性があるという。
 ネパールのオリ首相は12日、現場を訪れ、関係当局に調査を指示した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング