産経フォト

【路上感撮】ワープで帰宅?

自然・風景

【路上感撮】ワープで帰宅?

更新 sty1803070006
新宿大ガードを通過する電車。ワープ移動する宇宙船のようだ=東京都新宿区(古厩正樹撮影) 新宿大ガードを通過する電車。ワープ移動する宇宙船のようだ=東京都新宿区(古厩正樹撮影)
新宿大ガードを通過する電車。ワープ移動する宇宙船のようだ=東京都新宿区(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
新宿大ガードを通過する電車。ワープ移動する宇宙船のようだ=東京都新宿区(古厩正樹撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本一の乗降客数を誇る新宿駅から徒歩で5分ほど。歌舞伎町のきらめくネオンを背景に、列車がひっきりなしに橋を通って10本の車道を越えていく。

 橋の正式名称は「青梅街道架道橋」だが、通称の「新宿大ガード」の方がピンと来る人が多いだろう。

 カメラのシャッター速度を8分の1秒に設定し、通過する列車に合わせて望遠レンズを振って“流し撮り”すると赤、青、黄の原色で彩られた電飾や看板は宇宙空間に様変わり。帰宅するサラリーマンらを乗せた列車は、さながらワープ移動する宇宙船のようだ。

 乗客にとっては、ごくありふれた日常かもしれないが、外からは夢のある風景に見えている。(写真報道局 古厩正樹)

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング