産経フォト

知床に流氷、オオワシ集う 北海道羅臼町沖

生き物

知床に流氷、オオワシ集う 北海道羅臼町沖

更新 sty1802260012
 北海道・知床の羅臼町沖に飛来した国の天然記念物オオワシ(手前)とオジロワシ=26日  北海道・知床の羅臼町沖に飛来した国の天然記念物オオワシ(手前)とオジロワシ=26日
 北海道・知床の羅臼町沖に広がる流氷の上を飛ぶ国の天然記念物オオワシ。奥は国後島=26日
画像を拡大する
 北海道・知床の羅臼町沖に広がる流氷の上を飛ぶ国の天然記念物オオワシ。奥は国後島=26日フルスクリーンで見る 閉じる

 世界自然遺産の北海道・知床の羅臼町沖に流氷が広がり、国の天然記念物オオワシが越冬のために集まっている。26日午前、翼を広げると2メートル以上になるオオワシが優雅に舞う姿に、クルーズ船の乗客らが見入った。
 羅臼町と北方領土・国後島に挟まれた根室海峡では、オオワシやオジロワシが朝日を浴びながら流氷の上で羽を休めたり、船の上を滑空したりしていた。クルーズ船の乗員が餌の魚をまくと、約50羽が集まって奪い合い、観光客らはカメラのシャッターを切り続けた。

 流氷の上で餌の魚を奪い合う国の天然記念物オオワシ=26日、北海道・知床の羅臼町沖
画像を拡大する
 流氷の上で餌の魚を奪い合う国の天然記念物オオワシ=26日、北海道・知床の羅臼町沖フルスクリーンで見る 閉じる

 英国からバードウオッチングのために訪れたフィリップ・トンプソンさん(57)は「オオワシを見る最高の機会となり、素晴らしい経験だった」と満足そうだった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング