産経フォト

復旧状況公開、JR常磐線 福島、19年度の再開目指す

東日本大震災

復旧状況公開、JR常磐線 福島、19年度の再開目指す

更新 sty1802160019
 報道陣に公開されたJR常磐線の第一前田川橋りょう=16日午後、福島県双葉町  報道陣に公開されたJR常磐線の第一前田川橋りょう=16日午後、福島県双葉町
 報道陣に公開されたJR常磐線の復旧作業=16日午後、福島県大熊町
画像を拡大する
 報道陣に公開されたJR常磐線の復旧作業=16日午後、福島県大熊町フルスクリーンで見る 閉じる

 JR東日本は16日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で富岡(福島県富岡町)-浪江(同県浪江町)間の20.8キロが不通となっている常磐線で、除染・復旧の作業状況を報道陣に公開した。2020年3月末までに全線の運転再開を目指している。

 公開されたのは大野(同県大熊町)-双葉(同県双葉町)間にある第一前田川橋りょうなど3カ所。震災の影響で、第一前田川橋りょうは下り線が傾き、上り線は橋脚が壊れ崩落。JR東は16年3月から復旧工事を進め、昨年12月に新たな橋が完成した。

 大野駅周辺では、震災でゆがみが生じた線路の整備作業や、除染で放射性物質の付着した土壌を除去したことに伴う整地作業などが続く。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング