産経フォト

石川の海岸に木造船漂着 北朝鮮漁船か

ニュース

石川の海岸に木造船漂着 北朝鮮漁船か

更新 sty1802150024
 石川県志賀町の海岸で見つかった木造船=15日午後(金沢海上保安部提供)  石川県志賀町の海岸で見つかった木造船=15日午後(金沢海上保安部提供)
 石川県志賀町の海岸で見つかった木造船=15日午後(金沢海上保安部提供)
画像を拡大する
 石川県志賀町の海岸で見つかった木造船=15日午後(金沢海上保安部提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 15日午後1時10分ごろ、石川県志賀町百浦の海岸で、船底を上にした状態で漂着している木造船を付近の住民が発見、羽咋署などを通じて金沢海上保安部に通報した。海保は、形状などから北朝鮮の漁船の可能性があるとみて調べている。 同海保によると、木造船は全長約9.7メートル、幅約2.2メートル。船底が平らで全体が黒く塗装されていた。船にプロペラとエンジンとみられる機械が設置されていた。周辺で乗組員や遺留品は見つかっていない。

 船体の左側が大きく壊れ、海草などが付着していることなどから、長期間漂流したとみられる。

 福井市の海岸で見つかった木造船の一部とみられる破片=15日午後(福井海上保安署提供)
画像を拡大する
 福井市の海岸で見つかった木造船の一部とみられる破片=15日午後(福井海上保安署提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 福井市西畑町の海岸でも15日昼すぎ、木造船の甲板や船底とみられる破片2個が打ち上げられているのが見つかった。福井海上保安署が北朝鮮の船の可能性もあるとみて調べている。

 福井市の海岸で見つかった木造船の一部とみられる破片=15日午後(福井海上保安署提供)
画像を拡大する
 福井市の海岸で見つかった木造船の一部とみられる破片=15日午後(福井海上保安署提供)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング