産経フォト

日本海側で大雪 強い冬型続く

ニュース

日本海側で大雪 強い冬型続く

更新 sty1802130009
 雪が積もった恐竜のモニュメントの前を通り、通勤する人たち =13日午前、福井県福井市(永田直也撮影)  雪が積もった恐竜のモニュメントの前を通り、通勤する人たち =13日午前、福井県福井市(永田直也撮影)
 雪の影響で渋滞する福井市中心部の県道 =13日午前、福井県福井市(永田直也撮影)
画像を拡大する
 雪の影響で渋滞する福井市中心部の県道 =13日午前、福井県福井市(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 上空の強い寒気の影響で、北日本から西日本では13日、日本海側を中心に大雪となった。気象庁は北日本を中心に強い冬型の気圧配置が続くとして、13日夜にかけて大雪への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、13日は、北日本や北陸の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く見込み。

 午前10時までの積雪は福井市108センチ、富山市84センチ、新潟市32センチ。また山形県大蔵村の肘折で432センチ、福井県越前市の武生で129センチなど、計4カ所の観測点で観測史上最大の積雪となった。 雪の影響で、山形新幹線には運休や遅れが出た。北海道から中国の日本海側を中心に、在来線の運行にも影響が続いた。

 北日本の日本海側や北陸を中心に13日夜にかけて大雪となる。西日本では、13日昼ごろからは、雪は弱まる見込み。

 14日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、北陸70センチ、東北60センチ、北海道、東海30センチ、関東甲信25センチ、近畿20センチ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング