産経フォト

view あの夜、星を見られなかった人たち 岩手県・浄土ケ浜

東日本大震災

view あの夜、星を見られなかった人たち 岩手県・浄土ケ浜

更新 sty1802110013
海岸に雪が積もる浄土ケ浜。夜明け前、東の空には無数の星が輝いた =岩手県宮古市(写真報道局 大西正純撮影) 海岸に雪が積もる浄土ケ浜。夜明け前、東の空には無数の星が輝いた =岩手県宮古市(写真報道局 大西正純撮影)

 〈まちが火の海になり、満天の星の下を火の粉が飛び交う光景は忘れられません。あの夜は星がたくさん輝き、亡くなった方々の魂が生き残った私たちを照らしてくれているかのようでした〉(宮城県石巻市・榊美紗子さん・26歳)=平成27年3月5日産経新聞

 大三角。はくちょう座にさそり座。東の空に天の川が横たわる。

 東日本大震災の夜、被災地は星空が広がった。

 停電でまちの明かりが落ちて漆黒の闇になり、輝きを際立たせた。日中の雪もやみ、空気が澄み渡る。月も隠れ、夜空の主役を星に譲る。

 視線を落とせばこの世の終わりと思える光景が目に飛び込む。

 大人は打ちひしがれていた。

 身内を失った。自分も死にかけた。家も流された。上を向く心境になれない。

 「おばあちゃん、星がきれいだよ」

 石巻市の60代の女性は孫娘に避難所で手を引っ張られた。命からがら逃げ込んでいる。

 こんな時に星でもなかろうと思いながら表に出たら、こぼれ落ちそうな無数の星。胸に押さえ込んだ感情が解放され、目から涙がこぼれた。

 〈真っ暗な校舎の中、みんなで励まし合いながら助けを待ちました。…私たちはこれから応援してくれる人への感謝を忘れず、精いっぱい生きていきます。あの夜、真っ暗な空に輝いていた星たちのように、希望の星となるように〉(宮城県名取市・小学6年・菊地里帆子さん・11歳)=23年5月23日朝日新聞

 あの夜、星を見ることのなかった人たちがいる。

 1万8440人。

 もうすぐ7回目の命日を迎える。(文・東北特派員 伊藤寿行) 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング