産経フォト

旧役場の庁舎「当面保存を」 岩手・大槌町、団体結成

東日本大震災

旧役場の庁舎「当面保存を」 岩手・大槌町、団体結成

更新 sty1802110001
岩手県大槌町の旧役場庁舎前で開かれた集会=10日午後 岩手県大槌町の旧役場庁舎前で開かれた集会=10日午後
岩手県大槌町の旧役場庁舎前で、東日本大震災の発生時刻にあわせ黙とうする参加者=10日午後2時46分
画像を拡大する
岩手県大槌町の旧役場庁舎前で、東日本大震災の発生時刻にあわせ黙とうする参加者=10日午後2時46分フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災の津波で、町長ら職員40人が犠牲となった岩手県大槌町の旧役場庁舎を、当面の間保存するよう求める市民団体が10日、旧庁舎前で結成集会を開いた。平野公三町長(61)は「見るのがつらい人もいる」として解体方針を打ち出しており、団体は週明けに、町長と町議会に請願書を提出する。
 集会には、2013年に旧庁舎の一部保存を決めた、碇川豊前町長(66)ら約100人が参加、震災発生の午後2時46分には黙とうした。
 昨年まで身元不明遺骨を保管してきた、吉祥寺の高橋英悟住職(45)が代表に就き、「解体か保存かではなく熟慮が必要だ。後の世代のために一度立ち止まって考えよう」とあいさつした。
 町職員だった一人娘を旧庁舎で失った、上野ヒデさんは(75)は「解体しても悲しい気持ちは癒えない。津波を忘れないためにも残してほしい」と訴えたが、来賓で参加した平野町長は、方針は変わらないと強調した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング