産経フォト

「天王塚古墳」54年ぶり公開へ 全国2位の石室高、和歌山

遺跡・建造物

「天王塚古墳」54年ぶり公開へ 全国2位の石室高、和歌山

更新 sty1802090001
 54年ぶりに一般公開される天王塚古墳の横穴式石室=和歌山市  54年ぶりに一般公開される天王塚古墳の横穴式石室=和歌山市
 54年ぶりに一般公開される、天王塚古墳の横穴式石室の入り口=和歌山市
画像を拡大する
 54年ぶりに一般公開される、天王塚古墳の横穴式石室の入り口=和歌山市フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山市にある天王塚古墳(6世紀半ば)の横穴式石室が、3月3、4日に54年ぶりに一般公開される。石室は国内2番目の高さ5.9メートルを誇り、発掘している和歌山県立紀伊風土記の丘の佐々木宏治学芸課長は「同時期の他の古墳と比べ、特徴的な構造と高い築造技術が見て取れる。多くの人に足を運んでほしい」と話している。

 天王塚古墳は、約850基の古墳が点在する国内最大規模の古墳群「岩橋千塚古墳群」の首長墓とされる。長さ88メートルで、県内最大の前方後円墳。1964年に関西大が発掘したが、石室は埋め戻されていた。天王塚古墳は2016年に国の特別史跡に追加指定され、整備のための発掘が続いている。

 石室に入ることができるのは各日約250人で、往復はがきでの事前申し込みが必要。応募多数の場合は抽選。2月15日付の消印まで有効。問い合わせは県立紀伊風土記の丘。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング