産経フォト

福井、記録的な大雪 車1500台立ち往生 陸自に災害派遣要請

ニュース

福井、記録的な大雪 車1500台立ち往生 陸自に災害派遣要請

更新 sty1802060010
福井県あわら市の国道8号で停車したままのトラックの列=6日(国土交通省近畿地方整備局提供) 福井県あわら市の国道8号で停車したままのトラックの列=6日(国土交通省近畿地方整備局提供)
雪による電車の運休を知らせるJR福井駅の電光板=6日午後
画像を拡大する
雪による電車の運休を知らせるJR福井駅の電光板=6日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 記録的な大雪に見舞われた北陸地方では6日、福井県内の国道8号で車約1500台が立ち往生し、県が陸上自衛隊に災害派遣を要請する事態となった。高速道路は通行止めとなり、北陸新幹線の運休や空の便の欠航など交通網が乱れた。
 金沢、福井両地方気象台によると、福井市では6日午後2時現在で136センチの積雪を記録。37年ぶりに130センチを超えた。金沢市では午後3時に積雪71センチとなり、17年ぶりの大雪となった。
 福井県によると、あわら市から坂井市にかけての国道8号で約1500台が約10キロにわたり立ち往生。県は午後0時15分ごろ、陸自に災害派遣を要請した。大型車の脱輪などで渋滞が発生したことが原因とみられる。陸自が除雪作業のため現場に向かっている。
 北陸新幹線は金沢-糸魚川(新潟県)で始発から徐行運転し上下線計4本に最大39分の遅れが出た。徐行運転の時間調整で金沢-富山の上下線2本が運転を取りやめた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング