産経フォト

「2025 万博誘致号」出発進行 大阪モノレール

鉄道

「2025 万博誘致号」出発進行 大阪モノレール

更新 sty1802050010
万博誘致号モノレールの出発式で、列車を見送る駅長ら =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影) 万博誘致号モノレールの出発式で、列車を見送る駅長ら =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)
万博誘致号モノレールの出発式で、試乗の幼稚園児と握手する松井知事 =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)
画像を拡大する
万博誘致号モノレールの出発式で、試乗の幼稚園児と握手する松井知事 =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けた機運を盛り上げようと、大阪府北部を走る大阪モノレールのラッピング列車「2025 万博誘致号」が5日、運行を始めた。車体には誘致ロゴマークが施されるほか、マークに使われる5色をグラデーションで表現。開催地が決定する今秋まで運行を続ける。

万博誘致号モノレールの出発式で車内の吊り広告を見る松井知事(中央右) =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)
画像を拡大する
万博誘致号モノレールの出発式で車内の吊り広告を見る松井知事(中央右) =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 5日午前、大阪府豊中市の大阪空港駅で出発式が開かれ、松井一郎府知事や大阪モノレールを運営する大阪高速鉄道の吉村庄平社長らが出席。松井知事は「(ラッピング列車で)機運醸成ができれば」と述べた。

万博誘致号モノレールの出発式で、テープカットする松井知事ら =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)
画像を拡大する
万博誘致号モノレールの出発式で、テープカットする松井知事ら =5日午前、大阪モノレール大阪空港駅(奥清博撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 4両編成の車体には、「2025万博 大阪・関西へ」との力強いメッセージを添えた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング