産経フォト

栃木・日光に折り紙自販機 障害者手作り観光客に人気

ニュース

栃木・日光に折り紙自販機 障害者手作り観光客に人気

更新 sty1802030002
 自動販売機で買った折り紙作品を持つ観光客=1日、栃木県日光市  自動販売機で買った折り紙作品を持つ観光客=1日、栃木県日光市
 栃木県日光市の自動販売機で扱われる折り紙作品
画像を拡大する
 栃木県日光市の自動販売機で扱われる折り紙作品フルスクリーンで見る 閉じる

 栃木県日光市の日光東照宮近くに、折り紙作品を取り扱う自動販売機が登場した。作品は福祉施設に通う障害者の手作り。観光客らが旅の思い出に買い求め、売れ行きも好調だ。設置した会社は「障害のある人にやりがいのある仕事をしてもらうモデルケースになれば」と意気込んでいる。

 自販機は宇都宮市のIT関連企業「アクシス」が昨年10月に設置した。「日光に折り紙の自販機を置くと面白そう」「障害者の就労支援に」。社員との雑談から生まれたアイデアを社長の和気悟志さん(41)が採用。「つるのはねプロジェクト」と銘打ち、日光市の就労支援事業所「すかい」の協力を得て実現した。鶴やかぶと、まりなどの5作品1組で200円。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング