産経フォト

網走で「流氷接岸初日」 平年並み

自然・風景

網走で「流氷接岸初日」 平年並み

更新 sty1802020011
2日、北海道・網走沖で渦を巻くように広がる流氷。この日「流氷接岸初日」を迎えた。後方は知床岬(共同通信社機から) 2日、北海道・網走沖で渦を巻くように広がる流氷。この日「流氷接岸初日」を迎えた。後方は知床岬(共同通信社機から)

 網走地方気象台は2日、北海道網走市でオホーツク海の流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を迎えたと発表した。平年並みで、昨年と同日。
 気象台によると、午後3時ごろ、網走港から北に向かって約25キロにわたり、流氷が接岸しているのを気象台の屋上から確認した。流氷が肉眼で見える「流氷初日」は1月28日だった。

2日、北海道・網走沖のオホーツク海を埋め尽くす流氷。この日「流氷接岸初日」を迎えた。後方は知床岬(共同通信社機から)
画像を拡大する
2日、北海道・網走沖のオホーツク海を埋め尽くす流氷。この日「流氷接岸初日」を迎えた。後方は知床岬(共同通信社機から)フルスクリーンで見る 閉じる
北海道網走市(奥)に接岸した流氷。手前は流氷の中を航行する観光砕氷船=2日(共同通信社機から)
画像を拡大する
北海道網走市(奥)に接岸した流氷。手前は流氷の中を航行する観光砕氷船=2日(共同通信社機から)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング