産経フォト

シャンシャン、初めての雪 感触楽しみ、でんぐり返しも

生き物

シャンシャン、初めての雪 感触楽しみ、でんぐり返しも

更新 sty1801260013
 雪で遊ぶジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=25日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)  雪で遊ぶジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=25日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
 雪の上のジャイアントパンダの子ども、シャンシャンと母親のシンシン=25日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
画像を拡大する
 雪の上のジャイアントパンダの子ども、シャンシャンと母親のシンシン=25日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 上野動物園(東京都台東区)は26日、ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香、雌)が初めて雪の中で遊ぶ写真と映像を公開した。雪に驚くこともなく、走り回ったり、雪を掘ったりしてはしゃいでいる様子だった。
 首都圏に大雪が降った後の24日午後、10センチほどの雪が残る屋外運動場に出たシャンシャンは、でんぐり返しをし、雪を口に含んで感触を楽しんだ。野生のパンダは寒い高地に生息しており、本来の習性なのか白銀の運動場で母親のシンシンと戯れていた。
 25日の身体検査では10日前より体重が1・5キロ増えて16・4キロ。23日から公開時間が2時間延長されたが、変わりなく元気だという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング