産経フォト

文化財、火災から守れ 法隆寺で防火訓練

伝統・文化

文化財、火災から守れ 法隆寺で防火訓練

更新 sty1801260009
文化財防火デーにあわせて放水訓練が行われた法隆寺=26日午前、奈良県斑鳩町(鳥越瑞絵撮影 文化財防火デーにあわせて放水訓練が行われた法隆寺=26日午前、奈良県斑鳩町(鳥越瑞絵撮影
 世界遺産・法隆寺の防火訓練に先立ち、収蔵庫で営まれた法要=26日午前、奈良県斑鳩町
画像を拡大する
 世界遺産・法隆寺の防火訓練に先立ち、収蔵庫で営まれた法要=26日午前、奈良県斑鳩町フルスクリーンで見る 閉じる

 「文化財防火デー」の26日、現存する世界最古の木造建築として知られる奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で、僧侶や消防団員らが参加して防火訓練が行われた。

 訓練に先立ち、焼損した壁画や黒焦げになった柱が保管されている収蔵庫で法要が営まれた。その後、サイレンが鳴り響き、消防車両が到着。境内の鏡池でくみ上げた水を放出し、防火の誓いを新たにした。

 大野玄妙住職は「訓練は毎年のことだが、絶えず心の戒めとして繰り返していくことが大切。今年もお寺の安全をお守りしたい」と話した。

 1949年1月26日に法隆寺金堂で火災が起き、模写作業中だった仏教壁画などが焼けたことをきっかけに、文化財防火デーが制定された。文化財保護の機運が高まり、50年の文化財保護法制定にもつながった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング