産経フォト

「料理が主役」の観光列車 西鉄、来年春から運行

鉄道

「料理が主役」の観光列車 西鉄、来年春から運行

更新 sty1801250016
 西日本鉄道が導入する観光列車の内装のイメージ  西日本鉄道が導入する観光列車の内装のイメージ
 西日本鉄道が導入する観光列車の外装のイメージ
画像を拡大する
 西日本鉄道が導入する観光列車の外装のイメージフルスクリーンで見る 閉じる

 広々としたオープンキッチンに料理店のような座席-。西日本鉄道は25日、福岡県内を走る天神大牟田線に導入する“料理が主役”の観光列車の概要を発表した。地元の食材を生かした作りたての料理を沿線の風景を楽しみながら味わえる。

 西日本鉄道が導入する観光列車に設置されるオープンキッチンのイメージ
画像を拡大する
 西日本鉄道が導入する観光列車に設置されるオープンキッチンのイメージフルスクリーンで見る 閉じる

 西鉄初の本格的観光列車「ザ レールキッチン チクゴ」は2019年春から運行する。外装はキッチンクロスを模した赤いチェック柄で、3両編成の2両目に大型のキッチンを設置。福岡県南部・筑後地方の野菜などを使った料理を、食堂車式に配置した52席に温かいまま提供する。

 西日本鉄道が導入する観光列車の概要を発表する倉富純男社長=25日午後、福岡市
画像を拡大する
 西日本鉄道が導入する観光列車の概要を発表する倉富純男社長=25日午後、福岡市フルスクリーンで見る 閉じる

 内装には地元の大川家具職人が手掛けたいすやテーブルのほか、同県八女市の竹細工を用いた天井など、沿線の伝統工芸品を使う計画だ。

 倉富純男社長は「利用者が鉄道の良さを知るきっかけにしたい。外国人客にも乗車してほしい」と期待する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング