産経フォト

自動運転の性能診断します 異業種参入を支援

自動車

自動運転の性能診断します 異業種参入を支援

更新 sty1801250013
 逆光下での車両性能を評価する試験のデモンストレーション=25日、茨城県つくば市の日本自動車研究所の試験場  逆光下での車両性能を評価する試験のデモンストレーション=25日、茨城県つくば市の日本自動車研究所の試験場

 日本自動車研究所は25日、自動運転技術の開発に取り組む企業が自動車メーカー以外にも多く出てきている状況を踏まえ、自前でテストコースなどを持たないベンチャー企業や部品メーカー、大学など向けに実験車両の性能評価サービスを始めると発表した。

 交差点を安全に曲がれるか評価する試験のデモンストレーション=25日、茨城県つくば市の日本自動車研究所の試験場
画像を拡大する
 交差点を安全に曲がれるか評価する試験のデモンストレーション=25日、茨城県つくば市の日本自動車研究所の試験場フルスクリーンで見る 閉じる

 異業種から参入を目指す企業などに試験環境を提供することで開発を支援するのが狙い。実験は研究所の茨城県つくば市の試験場で行い、料金は1回20万円程度から。

 試験場は信号機のある交差点や工事現場、逆光や霧を発生させる施設など多様な環境を再現している。実験では、これらの条件下で走行を繰り返しながら、車線内を円滑に走行できるかや、視界が悪い状況でも対向車両や歩行者を認識できるか、障害物があった場合に確実に停止できるかといった自動運転に必須の性能項目を確認する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング