産経フォト

シャーロット3連覇ならず 高崎山のサル総選挙

生き物

シャーロット3連覇ならず 高崎山のサル総選挙

更新 sty1801240008
 大分市の高崎山自然動物園の「選抜総選挙」雌部門で優勝したピコ(同園提供)  大分市の高崎山自然動物園の「選抜総選挙」雌部門で優勝したピコ(同園提供)
 大分市の高崎山自然動物園の「選抜総選挙」雄部門で優勝したブラック(同園提供)
画像を拡大する
 大分市の高崎山自然動物園の「選抜総選挙」雄部門で優勝したブラック(同園提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 野生ニホンザルの餌付けで知られる高崎山自然動物園(大分市)は24日、サルの人気を競う恒例の「選抜総選挙」の結果を発表した。雌部門では投稿動画が大ヒットした歌手ピコ太郎さんにちなんで名付けられたピコ(8カ月)が優勝。英国の王女と同じ名付けで話題になったシャーロット(2歳)は3位で3連覇はならなかった。

 10匹がエントリーする中、ピコは1565票中392票を獲得。園の担当者は「かわいらしくて目力もあるので、票が集まったのかもしれない」と分析していた。

 最もイケメンなサルを選ぶ雄部門では、義理堅い性格のブラック(推定18歳)が最多得票した。今回は久々に新人職員が加入したことからスタッフ部門の選挙も行われ、ガイド歴23年のベテラン江川順子さん(42)に挑んだ新人の二宮惇さん(23)は290票を集め、敗れたものの健闘した。

 昨年12月21日から今月21日まで実施され、来園者の投票のほか、インターネットでも受け付けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング