産経フォト

東京五輪準備へトップ会談 1年4カ月ぶり調整会議

ニュース

東京五輪準備へトップ会談 1年4カ月ぶり調整会議

更新 sty1801240005
 調整会議であいさつする2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)=24日午前、東京・永田町  調整会議であいさつする2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)=24日午前、東京・永田町
 調整会議であいさつする東京都の小池百合子知事。手前はJOCの竹田恒和会長=24日午前、東京・永田町
画像を拡大する
 調整会議であいさつする東京都の小池百合子知事。手前はJOCの竹田恒和会長=24日午前、東京・永田町フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会準備に関わる主要機関のトップが協議する調整会議が24日、東京都内で開かれ、大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事のほか、鈴木俊一五輪相、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席した。16年9月以来、約1年4カ月ぶりの再開。

 大会予算総額1兆3500億円(予備費を除く)のさらなる削減などが今後のテーマとなる。小池知事は冒頭で「準備を加速させ、機運醸成の段階に入る時期。皆さまと連携を深めていく必要がある」と述べ、森会長も「忌憚のない意見交換ができれば」と応じた。鈴木五輪相は「政府全体で大会成功へ態勢を整え、関係省庁の施策に横串を刺して着実に推進したい」と語った。

 小池知事は調整会議について「役目を終えたと思う」と意義を疑問視する発言をした時期もあったが、昨年末の森会長とのトップ会談で再開が決まった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング