産経フォト

「スノーモンスター」成長中 山形蔵王に多くの観光客

自然・風景

「スノーモンスター」成長中 山形蔵王に多くの観光客

更新 sty1801200014
好天に恵まれ、樹氷の間を登る登山客やスキーヤーなどでぎわう蔵王連峰の地蔵山 =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐) 好天に恵まれ、樹氷の間を登る登山客やスキーヤーなどでぎわう蔵王連峰の地蔵山 =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐)
好天に恵まれた蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅付近 =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
好天に恵まれた蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅付近 =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐)フルスクリーンで見る 閉じる

 大寒の20日、晴天に恵まれた山形蔵王温泉スキー場(山形市)では、冬の風物詩・樹氷を見る観光客でにぎわった。

 天候の荒れることの多い標高1661メートルの蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近では無風で雲一つなく、駅の目の前の地蔵山に登る登山客に加え、スキーヤーや海外からのツアー客などが、斜面に樹氷が立ち並ぶ山頂付近の絶景を写真に収めていた。

好天に恵まれた蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅付近。胸まで雪に埋もれた地蔵が観光客を出迎える =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
好天に恵まれた蔵王ロープウェイの地蔵山頂駅付近。胸まで雪に埋もれた地蔵が観光客を出迎える =20日、山形市蔵王温泉(撮影・早坂洋祐)フルスクリーンで見る 閉じる

 島根県出雲市からスキーをしに訪れた男性(64)は「遠方から来て天気に恵まれ、こんな景色が見られるなんて最高です」と話した。

 蔵王温泉観光協会によると、今年の樹氷は年明けに暖かい日が何日かあり、2回ほど崩れたため「スノーモンスター」と呼ぶにはやや小ぶりな出来だという。来週からの寒波で大きく育ち、例年通りの3月上旬まで見られることを期待している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング