産経フォト

「北朝鮮ミサイル発射の模様」 NHK、ニュースサイトなどで誤報「こんなことは初めて」

ニュース

「北朝鮮ミサイル発射の模様」 NHK、ニュースサイトなどで誤報「こんなことは初めて」

更新 sty1801160023
「ニュース7」でニュースサイトなどに流れた速報を訂正する女性アナウンサー  「ニュース7」でニュースサイトなどに流れた速報を訂正する女性アナウンサー 
ニュースサイトなどの速報を訂正し、頭を下げるNHKの女性アナウンサー 
画像を拡大する
ニュースサイトなどの速報を訂正し、頭を下げるNHKの女性アナウンサー フルスクリーンで見る 閉じる

 NHKは16日、ホームページ(HP)などで、「北朝鮮ミサイル発射の模様」として政府が全国瞬時警報システム(Jアラート)を作動させたとするニュース速報を出し、約5分後に「速報は誤りでした」と訂正した。NHKは「こんなことは初めて。原因を究明中」と話している。
 速報は同日午後6時55分、「北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府“建物の中や地下に避難を”」との文章で、HPのほか、NHKニュース速報の受信サービスに登録した利用者のスマートフォンなどに送信された。

スマホに送られたNHKのニュース速報。「北朝鮮ミサイル発射の模様」との速報(上)と、その後に送信された「ミサイル発射は誤り」という文章
画像を拡大する
スマホに送られたNHKのニュース速報。「北朝鮮ミサイル発射の模様」との速報(上)と、その後に送信された「ミサイル発射は誤り」という文章 フルスクリーンで見る 閉じる

 しかし、NHKは間もなくニュースサイトから速報を削除。スマホなどにも「北朝鮮ミサイル発射の模様という 速報は誤りでした Jアラートは出ていません」と訂正の文章を送信した。午後7時10分ごろにはNHK総合のニュース番組「ニュース7」内でも、アナウンサーが「(速報は)誤って出したもので、Jアラートは出ていません」と訂正した。
 住民に対する北朝鮮のミサイル発射伝達をめぐっては、米国・ハワイでも13日午前に「弾道ミサイルの脅威が迫っている」とする緊急警報メッセージが誤って流され、住民らが避難する騒ぎとなっていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング