産経フォト

北の大地守る戦車連隊 陸自第7師団が年頭訓練

自衛隊・ミリタリー

北の大地守る戦車連隊 陸自第7師団が年頭訓練

更新 sty1801160014
行進する第7師団第73戦車連隊の戦車=10日、北海道大演習場(自衛隊ヘリから、杉浦美香撮影) 行進する第7師団第73戦車連隊の戦車=10日、北海道大演習場(自衛隊ヘリから、杉浦美香撮影)
年頭訓練を行う第7師団第73戦車連隊=10日、北海道大演習場(自衛隊ヘリから、杉浦美香撮影)
画像を拡大する
年頭訓練を行う第7師団第73戦車連隊=10日、北海道大演習場(自衛隊ヘリから、杉浦美香撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 国内唯一の戦車を中心とした機甲師団である陸上自衛隊第7師団・第73戦車連隊が10日、千歳市や恵庭市などにまたがる北海道大演習場で年頭訓練を行った。参加したのは90式戦車32両と73式装甲車4両など計約40両約150人。

 この日午前9時半、同連隊長の中村智志1等陸佐が「本年は、陸上自衛隊が新しい体制となる改革の初年度であるが、我々戦車部隊としての役割は変わることはない。改編していく戦車部隊のなかにあっても、戦車部隊としての伝統とDNAを継承する」などと訓示。ずらりと並んだ戦車が雪煙をあげながら、行進した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング