産経フォト

日本勢、SUVアピール 苦戦のセダンてこ入れも

自動車

日本勢、SUVアピール 苦戦のセダンてこ入れも

更新 sty1801160003
 日産自動車が公開したSUV試作車=15日、米デトロイト(共同)  日産自動車が公開したSUV試作車=15日、米デトロイト(共同)
 ホンダが公開した高級車ブランド「アキュラ」のSUV試作車=15日、米デトロイト(共同)
画像を拡大する
 ホンダが公開した高級車ブランド「アキュラ」のSUV試作車=15日、米デトロイト(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 【デトロイト共同】米中西部デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車など日本の大手3社は15日、米市場で売れ筋のスポーツタイプ多目的車(SUV)をアピールした。一方、大型車に押されて苦戦が続くセダンの販売をてこ入れする動きも出ている。

 トヨタは高級車ブランド「レクサス」のSUV「LF-1 リミットレス」の試作車を公開した。自動運転技術の搭載に加え、燃料電池車や電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などにすることを想定している。

 ホンダも高級車ブランド「アキュラ」の「RDX」の試作車を発表。年内にも発売する予定で、2000ccのターボエンジンを搭載した。日産自動車は3列シートの「クロスモーション」の試作車を公開した。また、トヨタは米国で今春発売する高級セダン「アバロン」の新型車を公開した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング