産経フォト

“インスタ映え”の氷柱 埼玉・秩父市

自然・風景

“インスタ映え”の氷柱 埼玉・秩父市

更新 sty1801160002
ライトアップされた、埼玉県秩父市の「三十槌の氷柱」=15日午後(川口良介撮影) ライトアップされた、埼玉県秩父市の「三十槌の氷柱」=15日午後(川口良介撮影)
ライトアップされた、埼玉県秩父市の「三十槌の氷柱」=15日午後(川口良介撮影)
画像を拡大する
ライトアップされた、埼玉県秩父市の「三十槌の氷柱」=15日午後(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 埼玉県秩父市の「三十槌(みそつち)の氷柱(つらら)」が見頃を迎え、日没とともにライトアップされた幻想的な光景に、訪れた人から歓声が起こった。ライトアップは2月12日まで。

 岩壁からしみ出た水が凍って数百本ものつららとなり、幅約30メートル、高さ約8メートルにわたって連なっている。今季は冷え込みが厳しく、先月中旬から凍り始め、来月上旬まで楽しめるという。

 茨城県つくば市から友人と訪れた女性(21)は「寒いけれど来てよかったです。インスタ映えしそうですね」と笑顔を見せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング