産経フォト

津波高を示す看板撤去へ 陸前高田「15.1メートル」に矢印

東日本大震災

津波高を示す看板撤去へ 陸前高田「15.1メートル」に矢印

更新 sty1801150010
 撤去される見通しとなった、津波の高さを示すガソリンスタンドの看板=15日午後、岩手県陸前高田市  撤去される見通しとなった、津波の高さを示すガソリンスタンドの看板=15日午後、岩手県陸前高田市

 東日本大震災で岩手県陸前高田市を襲った巨大津波の高さを示すガソリンスタンドの看板が、夏までに撤去される見通しになった。周辺の道路や土地がかさ上げされてスタンドが移転するためで、運営会社は、津波の恐ろしさを伝える貴重な資料として市に保存を働き掛ける考えだ。

 撤去される見通しとなった、津波の高さを示すガソリンスタンドの看板=15日午後、岩手県陸前高田市
画像を拡大する
 撤去される見通しとなった、津波の高さを示すガソリンスタンドの看板=15日午後、岩手県陸前高田市フルスクリーンで見る 閉じる

 スタンドは海岸から約500メートルにある「オカモトセルフ陸前高田」。津波で事務所は流失したが、2012年に同じ場所で営業を再開した。看板は一部がへこんだり、剥がれたりしたため補強工事を施し、津波到達地点を示す矢印と「津波水位15.1M」の文字を記した。

 スタンドは今年7月ごろ市内の別の場所に移転する予定。看板の移設も検討しているが、市などによると、屋外広告の面積を規制する県条例に抵触するため困難という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング