産経フォト

角界、信頼回復への第一歩 大相撲初場所が初日

ニュース

角界、信頼回復への第一歩 大相撲初場所が初日

更新 sty1801140013
大相撲初場所初日、協会あいさつをする八角理事長と横綱、三役力士ら=両国国技館(撮影・山田俊介) 大相撲初場所初日、協会あいさつをする八角理事長と横綱、三役力士ら=両国国技館(撮影・山田俊介)
大相撲初場所初日、協会あいさつをする八角理事長と横綱、三役力士ら=両国国技館(撮影・山田俊介)
画像を拡大する
大相撲初場所初日、協会あいさつをする八角理事長と横綱、三役力士ら=両国国技館(撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲初場所が14日、東京都墨田区の両国国技館で初日を迎え、元横綱日馬富士関の暴行問題や立行司の式守伊之助によるセクハラ行為といった一連の不祥事の処分後初の本場所が始まった。角界にとっては信頼回復への第一歩となる。
 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は恒例の協会あいさつで「今後も土俵の充実を基に努力してまいります」などと述べるにとどまり、一連の不祥事について言及しなかった。暴行問題が発覚した昨年11月の九州場所では千秋楽の協会あいさつで「多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしたことを心よりおわび致します」と異例の謝罪を行っていた。初日は協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)メンバーが観戦した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング